TOP >FEATURE > 履き物 feat. 聖祭り

履き物 feat. 聖祭り

履き物 feat. 聖祭り
White Mountaineering/WM×adidas Originals
「tobacco」(WHITE)
1978年にリリースされ、名だたるクラシックモデルの中でも常にコアなスニーカーフリーク達から熱い支持を集める名作「TOBACCO(タバコ)」。ライトブラウンのオリジナルカラーは、CAMPUSやSUPERSTARには無いMANIAC HIGH SENCEが漂っています。"服を着るフィールドは全てアウトドア"をコンセプトにグローバルな展開を見せるWhite Mountaineering(ホワイト マウンテニアリング)。2015年からadidas Originals(アディダスオリジナルス)と協業を開始し、今期Designer 相澤 陽介がPICKしたモデルは「TOBACCO(タバコ)」。オリジナルのイメージを一新するホワイトのワントーンで仕上げ、適度なシボと柔らかさのある高品質なスムースレザーをチョイス。シュータンのオリジナルデザインやヒールパッチ&インソールに施した寄木柄のエンボス加工など、両ブランドの表現が融合した今作は、FANならずとも見逃せない。
お買い求めはこちら




履き物 feat. 聖祭り
adidas Originals by White Mountaineering/
WM ENERGY BOOST(WHITE)
最大の特徴は"衝撃吸収"と"反発"の相反するふたつの機能を兼ね備えた新素材 「BOOSTフォーム(ブースト フォーム)」を、世界で初めて採用したことにある。EVA(Ethylence-Vinyl Acetate:エチレン−酢酸ビニル共重合樹脂)素材が主流のミッドソールに新たな息吹を吹き込んだのだ。着用感はまさに飛ぶように弾む、速く走れるシューズという期待に心躍る印象。童話ウサギとカメにおいても、カメがENERGY BOOSTを履けば努力なしでウサギに勝てる。ウサギもちんたら走りながらでも最後の最後で軽くブーストすれば楽勝、そんな夢を搭載したシューズである。しかしながら、最も重要で大切なことはやはり"努力"だという事を忘れてはならない。3年という開発努力の末、ENERGY BOOSTを世にもたらしたアディダスの研究機関「a.i.t.(adidas innovation team)」及び、テクノロジーパートナーBASF社に最大限の敬意と賛辞を込めて。
お買い求めはこちら




履き物 feat. 聖祭り
New Balance/M3056 JD
人類がいつ頃から靴を履き始めたのかは定かではない。現存する最古の靴は2008年にアルメニアの洞窟で発見された紀元前3500年ごろの革の紐靴とされている。こちらのシャワーサンダルについては、元来足元の"保護"という観点で生まれた靴とは異なり、ことリラックスシーンにおいてその威力が発揮される。アウトソールのグリップ力と、インソールの低反発性クッションで履き心地は快適。ストラップはマジックテープアジャストメントで、裸足でもソックオンでもサイズ感は自由自在。アスリートのクールダウンや、ハイヒールで酷使した足元のリラックスタイムに、はたまた街履きでも対応可能なスペックとなっております。コンクリートを闊歩する現代人にとってこのリラックスタイムこそ真の"保護"と呼べるのではないだろうか。
お買い求めはこちら




履き物 feat. 聖祭り
White Mountaineering/WM×CHACO
「ZX1」STRAP SANDAL
チェコではスターリン批判の受容が遅れて経済面での停滞から成長の低下が問題となってきた。1968年春、"人間の顔をした社会主義"のスローガンの元、改革派ドプチェクが民主化に乗り出した。民衆が謳歌するプラハの春である。しかし同年夏、ソビエト連邦軍主導のワルシャワ条約機構軍による武力介入によって自由主義的傾向のドプチェク政権を制圧。このチェコ事件によってプラハの春は踏みにじられてしまった。さて、WM×CHACO「ZX1」STRAP SANDALである。チャコのサンダルのアドバンテージはなんと言っても吸い付くようなグリップ力。2016年モデルからチャコ自社での開発に2年を要したCHACO GRIPアウトソールを搭載。「ZX1」モデルの特徴である細身のWベルトに、かかとを支えるストラップには"WHITE"のロゴをあしらった夏の大本命。儚く短い春だったチェコプラハに思いを馳せ、来たる山陰の夏を謳歌しようではないか。
お買い求めはこちら




履き物 feat. 聖祭り
New Balance/CRT300 FA
2度のオイルショックを皮切りにスタグフレーションの常態化へ陥った1970年代。時代背景を背に隆盛を遂げたジョギングブームのピーク、1978年12月。瀬古利彦が「第13回福岡国際マラソン」で2時間10分21秒をマークし初優勝。新たなマラソンスターの鮮烈なアドヴェントの翌1979年に産声を上げたのが先行機である「new balance(ニューバランス)CT300」である。この時代に日進月歩宿命の如くアップデートされたランシューテクノロジーは当然の流れのように他カテゴリーへインストールされた。前述の「new balance(ニューバランス)CT300」も無論例外では無く、低迷する「TENNIS(テニス)」カテゴリーに新たな息吹をもたらした。時は流れること早35年。2014年に待望の復刻を果たしたのが後継機である「new balance(ニューバランス)CRT300」。驚異的な軽さを誇るミッドソール素材「REVLITE(レブライト)」の搭載はその名の如くレボリューションである。
お買い求めはこちら




履き物 feat. 聖祭り
MT.RAINIER DESIGN/MR51769 SUICOKE・
MT.RAINIER DESIGN リフレクトサンダル
MT.RAINIER DESIGN(マウントレイニアデザイン)がSUICOKE(スイコック)に別注したこのサンダル侮るなかれ。サンダルでは珍しくビブラムソール仕様。ビブラムソールとは、イタリア人の登山家、ヴィターレ・ブラマーニ(Vitale Bramani) により1937年に創立されたVibram(ビブラム)社によって開発された靴底です。ヴィターレ氏は自身の登山家としての経験を活かし、耐久性、機能性、そして安全性の高いラバーソールを世に出しました。アウトソールには勿論Vibram(ビブラム)社製MORFLEX(モルフレックス)を搭載、なんとフッドベットにもVibram(ビブラム)社製ソール仕様。こちらはSUICOKE(スイコック)社とVibram(ビブラム)社の共同開発したSUICOKE original Vibramを積んでいます。さらにMT.RAINIER DESIGNによるリフレクトデザインが人目を惹きます。群雄割拠のサンダル業界の日本代表としての活躍を益々予感させる一足。
お買い求めはこちら




履き物 feat. 聖祭り
White Mountaineering/WM×adidas Originals
「tobacco」(CHARCOAL)
The color difference of 「TOBACCO」 that was introduced at the beginning .細身のフォルムはそのままに、チャコールグレーの毛足の長いスウェードとホワイトアウトソールに身を包んだその姿はまるでシベリアンハスキー。シュータンにはWhite Mountaineering(ホワイト マウンテニアリング)のアイコンとも言える雪山を載せ自己主張。昨今タバコといえばiQOSを筆頭に電子化へのアップデートが著しいが、こちらWM×adidas Originals「tobacco」も現代へ向けたアレンジが施されています。誕生から80年代、その端整なフォルムからサーファーに愛された「tobacco」。今も尚風は吹き、波は起っている。
お買い求めはこちら






このページのTOPへ